秋も深まっています。

2019’11.21遠くの紅葉

こんにちは。

毎晩の外気温が0℃を下回っている芸北文化ランドです。

昨日、駐車場に大量に落ちる落ち葉を拾っている中ふと顔をあげましたら、県道の向こう側にあるもう一つの芸北文化ランドの敷地「枕ため池」の上の山が真っ赤になっていました(^^)

恐らく天狗シデの裏の山だと思うのですが、山頂付近はすでに紅葉も終わっており麓の紅葉がピークを迎えている中で、低い曇り雲のさらに下の位置から射す夕日が麓の紅葉だけを真っ赤に照らしている様でした。

日に日に麓に紅葉が降りて行く中で、真っ赤な夕日と低い曇り雲・そして麓のみ彩る紅葉と三拍子そろったタイミングは一年を通して中々無い気がします。

 

ぼうっとしていたら漫然と過ぎていく一年ですが、芸北の自然は日々その姿を変えているのでした♪

 

茅プロジェクトの茅刈りが行われました☆

2019’10.30茅刈り01

こんにちは。

ここ数日、麗らかな天気に恵まれている芸北文化ランドです。

カントリーハウス前に広がる茅畑は、その金色の穂が太陽の光を反射し美しくなびいています。

 

そんな中先日、芸北中学校の生徒さんと保護者の方々が地域で推進している「茅プロジェクト」の一環で芸北文化ランドの茅を刈りにいらっしゃいました。

このプロジェクトは、保護されている文化財の保全と補修に使われる原材料を地域資源から活用して行こうという活動で、ボランティア活動に留まらず原材料を流通資源として取引きして行こうという活動です。

2019’10.30茅刈り02

この日は芸北中学校の1・2年の生徒が訪れ、全国でも数少なくなった茅職人さんの指導のもと芸北文化ランドに自生している茅を一生懸命刈りとっておられました。

聞く話によると、文化財の修繕に国産でさらに使用地域に自生している原材料を使った場合、海外からの輸入品を使った物より丈夫で長持ちし、その土地その土地の気候に合った丈夫な物が出来上がるそうです。

 

この活動のおかげで芸北文化ランドの茅畑は文化庁の推進する「ふるさと文化財の森」に選定して頂きました。(関連記事)

2019’10.30茅刈り03

刈り取られた茅は、他の地区で刈り取られた茅と一緒に約一年間乾燥され各地域の茅葺屋根等に利用されます。

芸北文化ランドに昔から生える茅が、どの文化財に使われるか今から楽しみです♪

芸北中学校の皆様、ご来場ありがとうございました。

 

PTAの方に農作業体験をして頂きました。

2018’11.9収穫作業01

おはようございます。

芸北文化ランドでも初雪が降り、冬ももう目前という感じになってきましたね☆

そんな中、先日広陵高校のPTAの方にリンゴの農作業体験をして頂きました。

続きを読む

リンゴ収穫の最盛期を迎えています。

2017’10.26リンゴ

秋も深まり、日に日に紅葉が進んでいる芸北文化ランドです。

施設内で栽培しておりますリンゴも収穫から出荷の最盛期を迎えています。

 

芸北文化ランドで採れたリンゴは北広島町内にあります道の駅等に出荷しておりますので、文化ランドのリンゴをどこかでご覧になられた方は是非よろしくお願い致しますm(^ー^)m