リンゴの花摘み→摘果を行なっています。

 

2020’5.29花摘み

平野部では初夏の趣きが日に日に強くなっていますね。

芸北の朝晩はまだまだ寒いですが、先月の初めからリンゴの摘果ならぬ花摘みを行なっております。

 

例年は5月の終わり頃から摘果という受粉した後の小さなリンゴを1つに切り落とす作業をするのですが、今年はより良いリンゴにしようとまだ花の状態からこの作業を行なっています。

20’5.29花摘み02

 

一つ一つの花を積むのはとても大変ですが職員が一生懸命に頑張って花を落としています。

 

 

 

20’5.29ミツバチ

今年はこの作業が例年になく早いので、リンゴの花の蜜を取りに来るミツバチも驚いている様でした^^

まだ寒いです

20’4,24桜

おはようございます。

 

麓の桜はそろそろ散り始めた芸北ですが、芸北文化ランドの山桜と菜の花はようやく咲き始めました。

 

 

20’4,24菜の花

とは言っても季節外れの雪が時々チラつき、まだ開花も一時お休みです。

 

 

いつもはゴールデンウイーク頃に咲くリンゴの花もまだ蕾のまま開花の時を待っています。

20’4,24リンゴの蕾

季節外れの雪です。

2020’4.13雪のムスカリ

おはようございます。

 

全国的に季節外れの寒波に見舞われていますが、ここ芸北文化ランドでも10cm程の積雪がありました。

 

満開を迎えつつある春の草花も雪に埋もれて少しお休みです。

2020’4.13雪の水仙

肥料を蒔きました。

2020’3.27肥料を蒔きました。

3月も終盤を迎え、ここ芸北にも少しずつ春が訪れています。

そんな中、昨日園内で栽培しているリンゴに肥料を蒔きました。

芸北文化ランドのリンゴ園は元スキー場のゲレンデを利用している為、他のリンゴ園と違い園内がほぼ全面坂になっています。

 

そこは中々の斜面で軽トラックはもちろんトップカーもひっくり返ってしまう為、肥料は手で一本ずつ蒔くしかありません。

近くまで軽トラックで行き、バケツに定量を取り分け、両手でバケツを持ち、園内の木に一本ずつ蒔きます。

春風に舞う肥料にまみれながら園内をくまなく歩いて、一日で蒔き終わった肥料は全量の半分(^^;)

蒔くべき肥料はもう半分あります…

 

芸北文化ランドのリンゴは美味しいと評判なのですが、その分中々の手間もかかっているのでした☆

3月になりました☆

こんにちは☆

雪が全く降らないまま3月になり、この冬は一体どうしたことだろうと思うままに春だけは順調に訪れつつある芸北文化ランドです。

残念ですが今シーズンの「雪あそび広場」はほぼ行えないままシーズンを終えさせて頂きます。

楽しみにして頂いていた方申し訳ありません。

来年度の開催は未定ですが冬の足音が聞こえ始めるとまたこのブログ等で告知させて頂きたいと思います。

 

これからこのブログは夏季シーズンの情報に変更してお伝えさせて頂きます☆

引き続き芸北文化ランドをよろしくお願い致します。